Recruit

採用情報 - インタビュー

従業員インタビュー

人材コーディネーター

千葉 亮介

入社2年目

インプルーブに入ろうと思ったきっかけ

 色々な人と関われる仕事、色々な人に喜んでもらえる仕事がしたいと思っていたので、人材コーディネーターというお仕事に興味を持ちました。
 面接時に、派遣先にマッチングする人材を都度募集するとお聞きして、機械的ではなく、お客様ありき、そして人ありきの考えをお持ちの会社だなと思いました。

 派遣先の欠員をただ単に埋めて行くのではなく、
“お客様と派遣社員が共に歩んでいくのが、当社の理想であり、常に目指しているカタチ”
と面接官の方にお聞きし、「この会社で働きたい」と思いました。
 その面接官が現在の上司ということはここだけの話です。

現在の仕事の内容

 私は西日本支店で人材コーディネーターをしております。
 人材コーディネーターとは、お客様にマッチングする人材をご紹介し、派遣先と派遣社員の支援をして、仲を取り持つ仕事です。
 この仕事は、自分の努力が実る仕事だと思います。
 それだけに“頑張ればきっと上手くいく、”と思える仕事です。
 私が配属した派遣社員が頑張っているを見ると、本当に元気が出ますし、お客様に喜んで頂いたときにはとても幸せな気分になれます。
 当然、上手くいかないこともありますが、それでも突き進むと絶対成果が出る仕事です。
 そして、上手く行ったときには多くの人の“ありがとう”を貰えるやりがいのある仕事です。

仕事を通じて成長したと感じるときは

 話している相手の気持ちを考えるようになりました。
 この仕事は、普通の人の何倍も人と話す仕事です。
 しかも学生からシニア世代、職種も経験も様々の方とお話するので、自ずと相手の気持ちを考える機会が増えます。
 先輩方にはまだまだ叶いませんが、この成長は仕事だけではなく、人生にプラスになります。

人材コーディネーター

福永 久美

入社2年目

インプルーブに入ろうと思ったきっかけ

 自分を成長させてくれる仕事を探していたので、人材派遣という仕事には以前から興味がありました。
面接のときに、
“この業界は人のために頑張ることが結果につながる仕事”
と言われて私は気が付きました。
 今まで、スキルや知識の取得ばかりに気を取られていましたが、
“人として成長がすることがすべての成長に繋がるんだ”
と思いました。
 このお仕事は派遣先の方の満足や派遣スタッフの成長を促すことで結果が出る仕事。
 つまり自分が人として成長しないとそれは出来ないのです。
 インプルーブはその成長を後押ししてくれると感じました。

現在の仕事の内容

 私は西日本支店で新規営業と人材コーディネータという仕事をしております。
 「人員を募集したい」という企業様からのオーダーに応じて、求められている人材を募集するための求人広告作成から、応募者の面接、企業様へのご紹介や職場見学、採用手続き、就業後のフォローまでを行います。
 新規営業に関しては、人とのつながりと普段の行動がとても大切だということを学びました。
 2年目にしてようやく派遣先企業様から別の会社のお仕事を紹介して頂きネットワークが広がってきました。
 今とても充実しています!

仕事を通じて成長したと感じるときは

 人の話をおおらかに聞けるようになりました。
 様々なタイプの方と出会うと人それぞれの考え方があり、「あっそんな考え方もあるんだ」と感銘を受ける事もあります。
 この仕事は、様々な方と出会うので人間に幅が出来てくると実感できます。
 また、派遣の仕事は幅広い知識がないと出来ないので社会保険や派遣法なども同時に頑張って勉強したいと思います。